幼児教材

幼児は
“スタッドは楽しい!”という子がたくさん。

 幼児の心は白いキャンパス。楽しいことや興味のあることは、自分からどんどん描いていきます。勉強も同じこと。やらされるのではなく、自ら楽しみながら学習することが大切なのです。

 幼児期の学習は「いかに楽しく学習できるか」が重要なポイントです。この時期の子どもたちは、適切な教材と指導があれば、遊びと同じ感覚で学習していくことができます。子どもの「好奇心」が芽生えたときこそ、学習のスタートのチャンスです。
 ひとりで座れて鉛筆が持てるようになったら、無理なく楽しく学習できるようになっています。
 学習習慣、自学自習が自然に身につきます。