ありがとう子育てワークショップ

急遽開催決定!

今、全国各地で密かに話題となり、伊丹市や宮崎県の教育委員会では非常に高い評価を得て、大注目されている「ありがとう子育てワークショップ」を三田市で開催します。

2011/11/27(日)13時~15時半
会場:有馬富士共生センター大会議室(先着30名)
 〒669-1505 三田市尼寺968 
会費:1,000円 
認定トレーナー:藤井恵嗣
 申し込みは、
メールcontact@lifedesignnetwork.orgでお申込み下さい!

※ベビーシッターはありませんが、親御さんから離れて遊ぶ事ができるお子さんには別のプログラムを用意しています。
詳細は http://lifedesignnetwork.org/ でチラシをご覧下さい。

「ありがとう!子育てワークショップ」とは…
日本では、数日に1人の割合で、小学生以下の子どもが養育者(主に母親)に殺されています。子どもを守るためには、母親を守らなければなりません。「ありがとう!子育てワークショップ」では、ロールプレイ中心の2時間の演習により、次の3つの領域をカバーします。

第1に、母親同士が認めあい、励ましあうこと。
第2に、シンプルかつ効果的な子育てのスキルを教えること。
第3に、母親が周囲にいる援助者に目を向け、孤立しないように助けることです。

現在まで、東京都、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、宮崎県、沖縄県にある公立小学校や私立小学校、英会話学校、市役所子育て支援室、子育てグループなどで、1回2時間のワークショップを展開してきました。不登園の園児が幼稚園に行くようになったという喜びの知らせや、子どもが落ち着いて明るい表情になり、子育てが楽しくなったという報告をいただいています。

そのポイントは
 1 どんな子どもに育ってほしい、と思いますか。(子育てのゴール)
 2 親同士で認め合う(親が元気になる)
 3 ほめることで良い面が伸びる(具体的なほめ方の練習、一日50回ほめる)
 4 具体的に伝える(しつけのポイントと練習)
 5 問題が起きる前に先回りして練習する(生活の中で通用するしつけの仕方)
 6 おやくそく表を使って、やる気を引き出す(子どもがやる気を出して成長する)
 7 子育てを応援してくださる方々との協力(みんなで励まし合い、助け合う)

参加者の声
北九州(男性)
子供に対して具体的にどうしたらいいかという事が勉強になりました。 具体的にほめることが少しわかったように思う。あらかじめ練習して自分の気持ちを具体的に伝えるスキルを学んでよかったと思う。 自分の子育てにとってとても参考になりました。ありがとうございました。妻が保育士をしているので紹介していきたいと思います。

韓国(女性)
実際に実践できることを教えて下さったこと。子供だけでなく、色んな人間関係に仕えそう。練習をお互いにすることによって、Boringすることなく、楽しかった。分かりやすかった。 子育てについてわかったような気がします。子育てについての不安がなくなりました。

有馬富士共生センターという全国育樹祭の会場になった場所で、最高潮に美しい紅葉に囲まれた中で行います。http://www.arimafuji.net/kyouseicenter.htm
直ぐ近くには、青野ダムや有馬富士公園もあります。
  http://www.hyogo-park.or.jp/arimafuji/
朝から来て、一日楽しく遊べますよ。

子どもたちには、ファンキー英会話教師のピータートムソンさんが楽しく遊べる別プログラムを用意してくれています。

急なご案内ですが、秋のファミリーデーの一日としてご利用下さい。

主催:ライフデザインネットワーク